ジュニパーベリー AN

ジュニパーベリー AN

  • 樹高が12mにもなる高木であり、果実は香り付けに使用されます

  • お肉、お魚、お酒の香り付けとしてとても人気です

  • 香りのスーパーフードであり、食品の消化に良いと思われます

商品のタイプ
ドライベリー
重量
1000 g.

保健特性

ジュニパーベリー (Juniperus communis) はビタミンC、鉄、銅、アルミ、マンガンを含み、そして様々な有機酸を含みます。

ジュニパーベリーは果実を乾燥させてスパイスとして使用されています。ジュニパーベリーは歴史が古いスパイスであり、ヨーロッパ等によく使用されています。 苦みと甘みが混ざり、興味深い味と香りが特徴です。肉料理と魚料理のスパイス、臭み消しとして使用されます。そして、キャベツなどの野菜との相性が良く、野菜の漬液とドレッシングなどにも用いられます。 ジュニパーベリーはお酒の香り付けとして使用されて、特にジンによく使われます。 ジュニパーベリーはハーブティーにもよく使用され、リラックス効果やデトックス効果、利尿作用があると思われます。アロマオイルにも使用されます。オイルの用途は多岐に渡ります。

成分

栄養成分表示 (100グラム当たり)

エネルギー, kcal. 116
たんぱく質, グラム 0
脂質, グラム 0
炭水化物, グラム 31
塩相当量, グラム 0

ビジュアル

Juniper berries on the branch