アンズタケ AN

アンズタケ AN

  • 味と香りがとてもよく、特に欧州や北米に人気です

  • 新鮮なキノコ、乾燥したキノコおよびパウダーで使用されます

  • ロシアは伝統的に寄生虫と戦う際に食べても良いと言われます

商品のタイプ
乾燥したキノコ
重量
1000 g.

保健特性

アンズタケ (Cantharellus cibarius)は ビタミン А、В2、В5、С、D、РРなどを含み、カリウム、リン、コバルト、マグネシウムと銅のミネラルを含みます。

アンズタケはヨーロッパでポルチーニと同じぐらい人気なキノコであり、昔から採取されています。ロシア、シベリアでも豊富に存在し、伝統的に採取され、「子狐」と呼ばれます。アンズタケの味と香りがとても良く、アンズタケの料理が特に欧州・北米で愛されています。アンズタケが調理に向いており、様々な油やアルコールと一緒に調理されます。ただし、複雑な調理しなくても、ただ炒めるだけでとても美味しい料理ができます。アンズタケは乾燥にも向いています。そして、乾燥されたキノコからパウダーを作りますと味と香りが良い味付けができます。

東シベリアで採取されたアンズタケは手付かずの自然の贈り物であり、健康に良いと言われています。寄生虫と戦う方が伝統的にアンズタケの料理が良いと思われています。またはアンズタケに含まれる多糖類は肝臓に良いと思われます。

成分

栄養成分表示 (100グラム当たり)

エネルギー, kcal. 38
たんぱく質, グラム 1.5
脂質, グラム 0.5
炭水化物, グラム 6.9
塩相当量, グラム 0

А、В2、В5、С、D、РРなどのビタミンを含み、カリウム、リン、コバルト、マンガン、銅等のミネラルを含みます。

ビジュアル

chanterelle