商品情報にスキップ
1 1

Arctic Natural

チャーガ (カバノアナタケ) のエキス、水溶性

チャーガ (カバノアナタケ) のエキス、水溶性

通常価格 ¥7,273
通常価格 ¥7,273 セール価格 ¥7,273
セール 売り切れ
配送料はチェックアウト時に計算されます。
  • 抗酸化力が高い健康食品
  • 免疫力アップにおすすめ
  • チャーガ1箱で約1ヶ月分をご提供

チャーガエキスのパウダーは、チャーガと呼ばれるキノコから抽出された有用な成分を濃縮した粉末です。

一般的には、チャーガに含まれる多糖類、ポリフェノール、トリテルペンなどの抗酸化物質が濃縮されています。このパウダーは、健康補助食品として利用され、スムージーやお茶、スープなどの様々な飲食物に混ぜて摂取されることがあります。

チャーガエキスのパウダーは、抗酸化作用や免疫力の向上、抗炎症作用などが期待され、自然な健康補助品として人気があります。ただし、伝統的に利用されてきたり一部の科学的な興味があるものの、効果や利点を完全に理解するためにはさらなる研究が必要です。

成分

栄養成分表示 (100 g.当たり)

エネルギー, KCAL. 20
たんぱく質, グラム 2.1
脂質, グラム 0.8
炭水化物, グラム 1.2
塩相当量, グラム 0

β-グルカン等の多糖類、リグニン、ポリフェノールカーボンの複合体が含まれる発色物質、アガリシン酸やフミン酸などの有機酸、プテリン、フリーフェノール、フラボノイド、ミネラル等が含まれています。

詳細を表示する

商品比較表

会社 Arctic Natural B社 C社
商品 水溶性のエキス ティーパック ティーパック
原材料 ロシア ロシア 国産
生産国 国産 ロシア 国産
包装 密封されたスティック 普通のティーパック 密封したティーパック
新鮮度 高い 普通 高い
容量 1グラム
(エキス→20グラム
の生チャーガに相当)
2グラム 3グラム
特徴 溶けやすい
マイルドな味
持ち運びやすい
クセのない味 クセのない味

チャーガに関する詳細情報

チャーガ、カバノアナタケ(Inonotus obliquus L.)は、北極圏の奇跡と言えます。白樺の上に発生するキノコです。

多糖類、ポリフェノール、βグルカン、フラボノイド、アルカロイド、有機酸を多く含み、カリウム、マグネシウム、鉄、カルシウム、マンガン、亜鉛といったミネラルも豊富に含んでいます。

カバノアナタケの茶は、健康に良い飲み物として、何世紀もの間広くシベリアで愛飲されていました。チャーガの健康効果に関する研究と研究結果発表は、1950年代にロシア (FSU) で本格的に始まりました。この研究は、ソ連科学アカデミーの植物研究所が主導し、レニングラード医学研究所付属病院が参加しました。 この研究の詳細な報告は1959年に出版されました。この本は、チャーガの生物学と化学組成の詳細な説明、実験的治療法の臨床試験結果、および試験参加者に関する科学的データを発表しました。 それ以来、ロシアではこの問題に関する多くの文献が出版されてきました。

最近欧米では、チャーガがかなり認知度を高めています。 このキノコをアメリカの一般大衆に紹介した重要な作品の 1 つは、David Wolfe の著書「Chaga: King of the medicinal Mushrooms」です。2012年に出版され、基本的な情報、キノコの特性、およびお茶、スープ、その他の食品のレシピを紹介する優れた入門書でした。

もう一つの本は、2017年に出版されたSteven Spacilの著書「Chaga Mushroom and Coffee: The powerful health facts of Chaga mushroom.」です。 小さいですが、この本はもう少し興味をそそられました。 実は、キノコとコーヒーは相性が良い組み合わせの1つと言われています。 ウェブ上には、それに関する多くの情報とレシピがあります。 適切なガイダンスを提供するサイトの1つは、「The Lost Herbs」(https://thelostherbs.com/) です。

一般の人々の関心を維持するために、チャーガに関する本が2018年にSuzanne Sandersによって出版されました。 彼女の本は、チャーガのベネフィットに関するより多くの証拠を提供しました。 Suzanne Sanders氏は、母親が56歳のときに亡くなったのと同じ種類のガンと診断されていました。 Sanders氏は55歳で、まったく同じ病気と診断されました。 それで、彼女はこの「森のダイヤモンド」というキノコをどのように発見し、それをどうして活用されましたかについて説明します。 そして、診断から7年間が過ぎまして、Sanders氏は自分の経験を関心のある読者と共有するために本を出版しました。100ページを超える大作ですが、読みごたえ十分です。

2020年には、Daniels Rossによる文献が出版されました。「Everything about Chaga Mushroom」と題され、この驚くべきキノコに関する簡潔で役立つ資料を提供しています。 Daniels Ross 氏は、博士学位を持って文献を作成しています。彼は、適切な食事、ダイエットによる健康貢献に関する多作の作家です。彼は非常に多くの本をAmazonモールで販売しているため、誰もがその本を購入できます。また、Ross博士がハーブ療法に重点を置いていることは、彼の本を調べればすぐにわかります。彼は日本のキノコに関する本も出版しています。
2021年は、チャーガに関する数冊の本によって特徴づけられました。1冊の本は、Eric Goldingerによる「Secrets of Cultivating Chaga Mushroom」と呼ばれていました。著者は、栽培のトピックを探求しようとする際に、他の本とは異なる独自の視点を提供します。チャーガ マッシュルームは、非常に希少で見つけにくいことで有名です。そのため、定期的かつ管理された方法でキノコを生産する試みは、ファンの注目に値します。もう1つは、Biden Mooreによる「A Beginner's Guide to Chaga Mushroom」でした。この本は、この希少で注目に値する真菌製品に関する主要なトピックをすべて網羅しています。
そして、Cass Ingramによる「Natural Cures from Wild Tree Resins」という好奇心旺盛な本がありました。Ingram博士は、アメリカではかなり有名なメディアパーソンです。彼は20冊以上の本を出版し、多数のラジオやテレビ番組に出演し、健康のためのハーブや植物ベースの食事などを宣伝しています。そのため、Ingram博士から強い支持を得ることで、一般の人々の意識が大幅に高まります。

また、この話題はビジネスメディアやビジネス界でも認知されつつあります。最近、ブルームバーグは「Mushrooms as Medicine? Supplement Makers Promise Major Health Benefits」というAja Mangum氏の記事が掲載されました。 この記事では、いくつかのキノコがその健康上の利点に基づいて大きなビジネス チャンスをもたらすことを紹介しました。そして、市場調査会社のTechnavioはかつて、チャーガ ベースの製品の市場の可能性に関するレポートを発表しました。レポートによれば、市場が2024年までに約120億米ドルに成長する可能性があると推定しています。

チャーガは日本でも認知度が高まっています。チャーガに関する最初の記述の1つは、1998 年に星崎東明氏によって発行された小冊子でした。日本で最も有名で詳細なチャーガに関する書籍の中に、2004年に発行された和田政裕監修「チャーガの全貌」があります。この本は、収穫からチャーガ製品までの生産サイクル全体を詳細に説明しています。また、実際のストーリーと事例に基づいて、ベネフィットの詳細な説明を提供します。2009年の初版以来、何度も復刊されたもう1つの有益な小冊子は、自家診療所を経営する医師、山口武津雄氏による「チャーガで健康になる」です。小冊子には、チャーガに含まれる重要な栄養素と、これらの栄養素が健康にどのように貢献するかについて、かなり詳細に説明されています。公共の雑誌や科学雑誌にも、チャーガとそのベネフィットに関する記事が多数掲載されています。ただし、こちらでこの記事の内容を語れるスペースはありません。

上述の物件を参考にするとチャーガ(カバノアナタケ)の特質の一つは、安全性です。シベリアでは何世紀もの間、食卓に上っています。ノーベル賞作家のソルジェニーツィン氏の作品に、カバノアナタケが健康維持に役立つことが書かれています。カバノアナタケの安全性に関する臨床研究が数多く行われ、安全が証明されています。

当社がお客様にご提供させていただくチャーガエキスは、東シベリアのバイカル湖付近に所在する、Baikal Herbs社で製造されています。同社には30年以上の歴史があり、カバノアナタケの粉エキスのパイオニアであります。同社がご提供を始めてから、カバノアナタケの粉エキスは世界中で知られるところとなり、今では世界22か国の健康用品販売店で販売されています。同社は技術レベル、学術データと方法を重視し、プロダクトの品質を高めようと日々尽力しています。